副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

スロットの引きによる勝敗への影響

 

f:id:e600005:20190110125547j:image

 

いよいよ2019年に突入しました。

 

だいぶ出遅れましたが改めましてみなさん、

 

あけましておめでとうこざいます!!

 

今年はもっと文章力を上げて少しでも読みやすいように努めて参りますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

それでは新年一発目の記事になりますので最後まで読んで頂けると嬉しいです。

 

はじめに

 

スロットをしていてよく耳にする"引き"という言葉はご存知かと思います。

 

スロットは引きが強い人しか勝てないの?

 

そういった引きと勝敗の関係性について説明していきます。

 

 

そもそも引きとは?

 

分からない!って方もいるかもしれないので簡単に説明していきたいと思います。

 

 

まずスロットというのは乱数というものがあり、全ての役をこの乱数の中から抽選するような仕組みです。

 

例を挙げると…

 

スロットの乱数は基本的に65536です。

 

これは65536通りの中から毎ゲーム小役やボーナスなどの全てのフラグを抽選しているという事です。

 

例えるならくじ引きですね。

 

ただくじ引きだと引けば引くほど残ったフラグを引きやすくなってしまうので、一度フラグを引いたらまた元に戻す。そしてまた65536通りの中から抽選する。といった流れです。

 

要は常に65536通りの中から抽選しているということになります。

 

これが完全確率です。

 

スロットでいう引きとはこの完全確率で抽選している中で、フラグを確率以上又は以下で引く事を指します。

 

 

65536という数字

 

65536の乱数の中から抽選しているということは上記で説明しましたが、この数字ってよく目にしませんか?

 

これはよくスロットでのフリーズ確率などのプレミアフラグと呼ばれるものです。

 

バジリスク絆のプレミアムリプレイの確率などですね。

 

 

どういうことかと言うと65536通りの中に一つしか存在しないフラグという事になります。

 

その為にプレミアフラグと呼ばれます。

 

これが例えば65536通りの中にフラグが二つ存在すれば確率は32768。

 

まどマギの中段チェリーの確率などですね。

 

ちなみにミリオンゴッドでのGOD揃いの確率は1/8192ですよね。

 

これは65536通りの中にGOD揃いのフラグが8個存在しているという事になります。

 

 

引き強・引き弱とは?

 

ミリオンゴッドを例にしてみたいと思います。

 

上記の通りGOD揃いの確率は1/8192。

 

つまりは8192回転回せば1度は引けるという確率なのは分かると思います。

 

引き強パターン

 

8192回転回した際にGOD揃いを2回以上引ければ俗に言う引き強ということになります。

 

稀に3回とか引けてしまう人も見かけますよね。

 

完全に引き強です。笑

 

 

引き弱パターン

 

これは引き強パターンとは逆で8192回転回しても一度もGOD揃いを引かないパターンですね。

 

「そろそろ引いてもいい頃だよなぁ」

 

とか思うかもしれませんが、如何なる時でも1/8192の確率での抽選ですからね。笑

 

たまにGOD狙いとか言う人いますが、どれに座っても一緒ですよ!

 

 

引きによる勝敗への影響

 

ここが本題になる訳ですが、引き強でなければスロットは稼げないのかという疑問が生まれると思います。

 

結論から言うと引きが無くても稼ぎ続けることが出来るのがスロットです。

 

序盤にお話しした完全確率の考え方と同じになります。

 

スロットで稼ぐ=期待値を稼ぐ

 

この考えが稼ぐ上では絶対であり、逆にこれしかないと言っても過言ではありません。

 

ですが全国の剛腕引き弱スロッター様!

安心してください。

 

期待値はいつ如何なる時でも引きによる影響はないです!

 

 

現状の期待値は常に一定

 

打っている現状でその時の期待値は誰が打っても変わることはないです。

 

引き弱な方がプラスの期待値を打っても期待値は下がりませんし、その逆もまた然りです。

 

もちろん短期的な目線だと確率の上下の振れ幅は起こりますが、長期的に見れば限りなく平均値に近づくというのが期待値です。

 

 

かく言う私まろも引き弱

 

これは余談ですが、自分自身は引き弱ではないか。と最近になって思いました。

 

なぜならば、養分時代から長いことスロットを打ってきておりますが、思い返すと万枚を出したことがありません。笑

 

万枚と言えばスロッターなら意識するものだと思いますがそれが一度もないんですよね…。

 

一撃万枚はおろか、台差枚での万枚も未だ未達となっております。笑

 

でもなんだかんだで現状稼いでいけているので信じるべきは期待値ですね!

 

積み上げた期待値に対しての実収支がどれ程なのかはわかりませんが。笑

 

まとめ

 

引きによってその日の勝敗に影響はもちろんあると思います。

 

ですが、勝ち続けるという観点からすれば1日の収支なんて点にしか過ぎないです。

 

ましてやその日全くやれない日だからと立ち回りがブレてはそれこそ勝たなくなってしまうんですよね。

 

引き、つまり確率の上下による期待値の変動はないと肝に銘じつつしっかりとブレない立ち回りを心掛けたいものです。