副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

ハイエナで拾う頻度を上げる小技。設定狙いでも応用可能。

 

 

どーも、まろです。

 

 

 

ハイエナ稼働をしていているけどなかなか拾えない!って方はいると思います。

 

 

今日紹介するテクニックを使えば、拾える頻度が多少なりとも増えるかもしれません。

 

 

 

 

 

台を探している時は○○を見る!

 

 

 

 

ハイエナしている時はハマり台などの期待値がある台がないか探していると思います。

 

 

 

そんな時あなたはどこを見ていますか?

 

 

 

ゲーム数だけを見ている。って方はもう少し見るべきポイントがあります。

 

 

 

それは、クレジット残金を見ること。

 

 

 

その台が空けばすぐにでも取れるぐらいの期待値、または残りのクレジット分を使えば取れるぐらいの期待値がある場合、そこは必ずチェックするべきです。

 

 

同じハマりゲーム数でも、残りのクレジットが8000円2000円では空く可能性が違ってきます。

 

 

 

 

打ち手の気持ちになって考える

 

 

先ほど例にあげたクレジットの残りが8000円2000円のパターンで説明していきます。

 

 

  • 残りが8000円のパターン

 

これは1万円札をいれてまだ2000円しか使っていない事がわかります。わざわざ1000円札を8枚入れるなんてことは可能性的に低いです。

 

 

ということは、1万円札を入れた時点でまだ投資を続ける。という心理が分かります。

 

 

この場合はもっと時間を置いて8000円分使い終わったかな?というタイミングでさりげなく確認に行きましょう。

 

 

 

  • 残りが2000円のパターン

 

これはおそらくですが、2000円を使い切ってから辞めるというのが多いです。一般の方は区切りのいい所でやめる傾向にあります。

 

 

例えば、クレジット分を使い切ったら。とか、一箱使い切ったら。とかですね。

 

 

この残り2000円のパターンの方が、前者と比べてすぐ辞める可能性が高いです。

 

 

こういうパターンを見かけたら数分単位でさりげなくチェックするようにしてください。

 

 

 

また、期待値のある台を拾っても、このクレジットの残りが少ない台で更に高期待値の台の場合には、すぐ自分のを打ち始めるのではなく、もう少し様子見してください。

 

 

 

 

他にもいろんなパターンがある

 

 

 

残りクレジットが大事だと言いましたが、他にもいろいろ見るべきポイントがあります。

 

 

  • 1000円札ずつ投資している

 

これはおそらく財布に万札が無くなったか、もうすぐ当たるかもしれないとずるずる引っ張られているパターンです。

 

 

これもすぐ飽きやすい傾向にあります。

 

 

 

  • 箱にメダルを移している

 

箱にメダルを移しているということは、もう辞めますよという合図の可能性があります。

 

または、箱に入ったメダルを持ちながら回している。というパターンですね。

 

 

 

これは最もあからさまですが、ここで大事なのはさりげなくチェックする事。

 

張り付いたり近くでちらちら覗いていると、普通の人なら後から掘られたくない!という気持ちが働いて、当たるまでツッパるという事態になりかねません。

 

 

遠くからチェックしたり、打ち手に悟られないようにすることが大事です。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

今までハマりゲーム数だけ見ていた!って方は是非実践してみてください。

 

 

他にも見るべきポイントがたくさんあります。

 

 

打ち手の気持ちになり、この人はもう辞めるのか、まだ投資を続けるのか。これがわかってくると効率の良い立ち回りが出来るのではないでしょうか。

 

結局上手い人、下手な人っていうのはこういう細かい所の差もあると思います。

 

 

最後にもう一度だけ言うと、他のお客さんが打っている台をチェックする時は必ず、

 

 

さりげなくチェックして下さい

 

 

ここはマナー的にも大事ですので。

 

 

これで1台でも2台でも多く、期待値を取ってもらえたら嬉しいです。