副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

兼業スロッター目線で見る会社の残業についての考え

 

 

 

 

どーも、まろです。 

 

 

 

今回はスロットに関してではなく、会社の残業について思う事を書いていきます。

 

 

あくまで個人的意見なのでそこは一つの意見として捉えていただきたいです。

 

 

会社にこんな人いませんか?

 

 

僕の働いている部署は若い人がかなり少なく、それ以外は40代の人達です。

 

この世代の人達は残業すれば仕事を頑張っている。やる気がある。という考え方の人が多いように思います。

 

 

ちなみに僕はギリギリ?ゆとり世代と呼ばれる年代だと思います。

 

 

よく世間一般的に見たら、ゆとり世代はダメだ。これだからゆとりは…。などと口酸っぱく言われます。

 

 

しかし、ゆとり世代からしたら残業すれば偉い。という考え方は少し古いようにも思えます。

 

 

その上、一般的な会社って副業が認められていないですよね。稼ぎの柱が1本しかない為、基本給だけではほとんどの方が苦しいと思います。

 

 

ではどうするかというと、残業して給料を上乗せしようとする。

 

こういう考えに行き着いてしまって、まさに負の連鎖でしかありません。

 

 

 

はたして残業することが正義なのか

 

 

 

これは意見が分かれる所ではあると思います。もちろん、営業時間内に頑張っても終わらない仕事の量もあったりするでしょう。

 

 

しかし、それ以外に基本的に残業はマイナス要素でしかないというのが僕の考えです。

 

 

時間内に終わらして帰るぞ!って人と今日は○時間残業していこうっていう人はやはり作業の質も変わると思います。

 

 

何事も目標が無ければそれに向けて人は頑張れないのです。

 

 

残業って給料であって、給料でない部分があると思います。

 

 

残業なんて毎月変動しますし、固定給ではないですよね。それを基本給だけじゃ足りないから残業して稼ごうって考えを持ってしまうと、そういう人は見ていてもわかります。

 

 

どこまで終わらせるかではなく、どこまで会社に残れるか。そんな人の動きなんてたかがしれています。

 

 

 

スロットの稼ぎ方と概念は一緒

 

 

 

スロットでは時間効率が重要ですよね。仕事もそうです。どれだけ長く会社で仕事をするかよりも、その時間に対してどれだけの仕事をこなせるかなのです。

 

 

こういう動きはサラリーマンならではなのかなとも思います。

 

 

会社に属してそれなりにこなしていれば決まった給料がもらえる。しかし、スロットでは自分が努力して頑張らないと稼ぐ事は絶対に出来ません。

 

 

もし、サラリーマンが固定給なしの全て歩合制だったらどうでしょう。みんな必死で働くと思います。それはそうですよね。

 

自分の頑張りが全て給料に反映される訳ですから。

 

 

 

ここがサラリーマンのメリットでもあり、それ故に生まれるデメリットでもあります。

 

 

仮に残業代が時給1500円つくとします。

たかだか1500円ですよ?スロットに置き換えると1時間内に期待値2000円、もしくは時給が2000円を超える台をたった1台消化すれば残業よりも遥かに効率よく稼げます。

 

 

無駄に残業して、仕事の効率を落とすよりかは会社にとっても、自分にとってもスロットで稼いでいた方が全然いいです。

 

 

スロットなんてまだまだ世間一般的に見ればマイナスな印象ですが、僕からしてみれば、だらだら仕事して残業して、これだけ残業してる。と無駄な事をする方がよっぽどマイナスでしかないです。

 

 

 

 

まとめ

 

 

常日頃自分に言い聞かせていますが、仕事はきっちりやる。その上でスロットも一生懸命やる。

 

 

こうする事でどちらもメリハリが生まれ、収入も増えますし、人として成長していけるんじゃないかと思います。

 

 

 

少なくとも、自分がもうひと回り、ふた回り、歳をとった時に、仕事もてきぱきこなし、収入も本業以外に稼いでもっと人としても余裕のある大人になっていたいと思うものです。

 

 

こういう考えもスロットで稼いでいなかったら生まれなかったですし、スロットをやる人には是非ただのお金稼ぎだけではなく、心身共に豊かな人間であって欲しいです。