副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

スロットで稼ぐまでの3つの段階。

 

 

どーも、まろです。

 

 

気付けばブログを開設して早1ヶ月ぐらいが立っていました。

 

 

特にアクセスアップの為に何かしたというよりかは、思った事をただ書きなぐっているだけなんですが、ありがたいことに100人程のアクセスがありました。

 

 

ほとんどリピーターなんていなそうですが。笑

 

 

どんな人が読むんだろうといつも気になっています。やっぱり同じ兼業でやっている方なのかな?

 

 

とりあえずこの調子で暇を見つけて記事を書きたいと思うので今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

稼ぐまでの第1段階

 

 

まず、スロットで稼ごうと思った時に最初にぶつかる壁が年間収支をプラスにすること。

 

 

普通に打っていて、年間を通してプラス収支にする事はかなり難しいと思います。

 

 

この時期っていうのは、期待値をあまり理解出来ていないので、長い目で見た時にプラスにもっていく事が困難です。

 

 

趣味打ちされている人って、おそらくほぼほぼ負けています。というよりも、絶対負けるように出来ています。

 

 

そんな中で、年間収支をプラスにすることはまず、期待値について勉強しなければなりません。

 

 

この時期はとりあえず期待値の勉強をしてしっかり理解すること。

 

 

期待値を積めば稼げる!という感覚を養っていく時期でもありますね。

 

 

 

 

稼ぐまでの第2段階

 

 

 

年間収支がなんとかプラスになってきたあたりからぶつかる壁とは…時間効率です。

 

 

これまでは負けない程度の立ち回りでしたが、次からは勝ちに行く立ち回りに変わりつつあります。

 

 

その為に必要なのは時間効率。

 

おそらく年間収支がやっとプラスぐらいだと、たまに期待値は積めていても、マイナスの期待値もそれなりに打っている。

 

それか、期待値の安い台をちょこちょこしか打てていない。

 

こんな感じだと思います。

 

 

時間効率さえ上がれば、その分打っている台の質も必然的に上がります。

 

いかに多く稼ぐかを常に考え行動する。無駄を無くしてより多く稼いで行くという段階です。

 

 

 

稼げてきてからの第3段階

 

 

 

ある程度安定して兼業でも年間収支をプラス数十万から3桁ぐらい稼げるようになってきたらぶつかる壁です。

 

 

それは、稼げてきたらあとはいかにその収支を上げるかです。

 

 

自分が稼働にいったその日に出来るだけ最大限の期待値を稼げるか。

 

 

第2段階までくればもうすでに期待値も理解した上で稼働出来ています。

 

 

それからはどれだけ多く無駄のない立ち回りが出来るかのみなので、自分で考え工夫する。

 

 

時には自分なりの考察で期待値を独自に見いだしたり、他の人が気付かないような期待値までも取り切る。

 

 

ここまで出来ればかなりの超上級者だと思います。

 

 

 

まとめ

 

 

 

自分はまだまだ正直第2段階あたりです。

 

兼業でも毎年3桁稼ぎだす人も知っていますし、スキルを求めればキリがないです。

 

 

でも、会社って頑張れば頑張った分だけ給料がどんどん上がって行くって訳でもないですよね。

 

スロットなら自分の技術次第で稼げる額が決まってきます。

 

 

僕も今よりももっと立ち回りを上手くして、もっと自由のある生活をしていきたいなと思います。