副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

設定狙いの基礎。○○を持って稼働しツモ率を上げる

 

 

 

 

 

どーも、まろです。

 

 

 

 

今回の記事ではスロット設定狙いにおいて、最も重要な考え方を書いていきますので、初心者の方は絶対最後までお読み下さい。

 

 

 

 

設定狙いでは○○が大事

 

 

 

 

基本中の基本ですが、スロット設定狙いにおいて最も大事な事ってなんだと思いますか?

 

 

 

このブログ内でも度々書いていますがそれは、

 

 

 

根拠

 

 

 

これがあるのと無いのとでは天と地程の差があります。

 

 

 

 

最近自分が打った台を思い返して下さい。

 

 

なぜその台を打ったのか?と聞かれた時に、明確な根拠を説明する事が出来るでしょうか。

 

 

稼いでいる人はもちろん、全員がこの根拠を説明することが出来ます。

 

 

 

 

根拠がある上で狙っている訳ですから、根拠が無い場合よりも圧倒的に高設定のツモ率が変わってきます。

 

 

 

この根拠って凄く大事で、これによって設定判別の押し引きも変わってきます。

 

 

てことは設定差なんかよりも最も重要視するべきポイントなのです。

 

 

 

 

どういう根拠が重要なの?

 

 

 

 

ここで負け組と勝ち組の根拠の持ち方の違いをいくつか説明してみます。

 

 

 

負け組の根拠

 

  • なんだか出る気がする
  • いつもこの台出てる
  • 相性がいいから

 

 

勝ち組の根拠

 

 

  • 島全体で見て出てる
  • 末尾や角などの特定箇所が出てる
  • 店の癖を考慮した上での台選び

 

 

 

などなど他にもその時、その場所によって変わりますがたくさんあります。

 

 

 

 

負け組の思考って根拠にするには全然弱いです。勝ち組の思考はしっかりと明確な根拠があります。

 

 

 

この違いをよく考えてみましょう。

 

 

 

 

設定判別の押し引き

 

 

 

これは機種などによっても異なりますが、根拠によって設定判別の押し引きは変わります。

 

 

 

 

根拠が非常に重要なジャグラーを例に挙げてみましょう。

 

 

 

 

これは以前僕が実際に体験した話です。

 

 

 

 

そのホールにはジャグラーだけで

 

  • アイム
  • ガールズ
  • マイ
  • ゴーゴー

 

この4機種のジャグラーが設置されていました。

 

 

 

 

予想配分は悪くても機種1で6が入るとの予想。

 

 

 

機種1で6が入る前提での稼働となる訳ですが、夕方あたりになると一向に目ぼしい台がほぼ見当たりません。

 

 

結局怪しくなって、自分の打っていたガールズを捨てました。

捨てた時点での合成確率は56の間ぐらいだったと思います。

 

 

 

 

夜になってデータを確認してみると、6の確率をぶっちぎっていた台がゴーゴージャグラーの1台のみでした。

 

 

 

合成確率は96分の1ほどと、かなりの高挙動な台でした。普通の人が、夜その台を見たら確実に設定6だと思うでしょう。

 

 

しかし、僕個人的には6ではないとの結論です。

 

 

なぜなら、6でない根拠の方が強いからです。

 

 

 

設定を入れる側になって考えてみて下さい。

 

 

 

4種類のジャグラーがある島の中で、ゴーゴージャグラー1台だけに設定6を使うでしょうか。

 

 

これが仮に、機種1で6が入っていたのなら他の3台が潰れていたと考えるよりも、そもそも設定6がこの日は入っていなかったと考える方が妥当です。

 

 

 

これらを踏まえると、夕方に見切りをつけた自分の立ち回りは正解だったと言えます。

そもそも機種1との予想で、入っていなかったというのに問題がありますが。笑

 

 

 

逆にこの日に他の機種に設定6の確率があり、自分の打っている台が設定6に足りなかったとしたら、根拠があるので夜まで追っていました。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

設定狙いにおいて、最も重要なのが

 

根拠を持って稼働すること!

 

 

いつも自分が打っている台を思い返してみて下さい。弱い根拠で打ってたなー。と感じる部分もあるかもしれません。

 

 

そこにもう一つ二つ、根拠をプラスして稼働出来ればきっと、ツモ率も上がってくることでしょう。