副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

パチスロの軍資金について。一回の稼働の投資上限はどのくらい?

 

 

 

 

どーも、まろです。

 

 

 

 

パチンコ・スロットで稼ぎ始めたいって方は最初にどのくらいの軍資金があればいいのか。

 

 

また1回の稼働でどのくらいの上限の軍資金で稼働するのか。

 

 

 

気になる方もいるかもしれないので今日は軍資金について書いていきます。

 

 

 

 

 

パチスロはギャンブルではなく投資

 

 

 

パチンコ・スロットはご存知の通り、投資です。

 

確率の上下はもちろんありますが、これをギャンブルと思っている方は間違いです。

 

 

 

株やFXなども投資ですよね。

 

 

 

投資という事は0円スタートで稼げるとかそういった事でないのは周知の事実です。

 

 

 

稼ぐ為には軍資金が必要です。

 

 

では最初にいくらぐらいの軍資金を確保してスタートするのか。

 

 

 

 

 

正直これは多ければ多いほどいいです。

 

 

 

しかし、しいて言えばスロットの最低ラインで

 

 

ハイエナ稼働のみならば20万円

 

 

 

設定狙いならば30万円

 

 

 

このぐらいの軍資金は必要なのかなと思います。

 

 

 

 

 

少ない軍資金のデメリット

 

 

 

 

軍資金が少ないとまず考えられるデメリットは

 

 

軍資金のパンク

 

 

 

パンクとは軍資金が無くなってしまうことを言います。

 

 

極端な例を言いますと、スロットで稼ぎたいけど貯金はしていない。

 

 

 

給料が入ってお金を増やしたい。生活費以外に使えるお金が3万円あるからこれを軍資金にしてスロットで増やそう!と考えたとします。

 

 

 

マイナスの期待値を打つ事は避けたいので、目に見える期待値のハイエナ稼働をしよう!

 

 

 

そして神々の凱旋800ハマりを見つけたとします。

 

 

 

いざ意気込んで打つものの全く当たる気配がなく天井付近までハマります。

 

 

 

 

軍資金3万円だと天井までハマった場合、下手したら天井直前で軍資金がパンクします。

 

 

仮に天井付近で当たったとしても、単発で終わったしまえば数百枚の払い出しで終わります。

 

 

 

この後にまたハイエナ出来る台があったとしても、これでは稼働すること自体出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

更に、少ない稼働では確率のブレでいくら期待値プラスの台を打っていても10台打った時と、100台打った時では結果に違いが出てきます。

 

 

 

多くの施工を増やす為に軍資金は必要なのです。

 

 

 

 

また、メンタル面にも影響します

 

 

 

少ない軍資金ですと、確率の下ブレを受けた時に負けを取り返そうとして熱くなり、立ち回りがブレたりします。

 

 

これは僕も経験しているのでとてもよくわかる部分でもあります。

 

 

 

 

投資の上限

 

 

 

 

たまにスロットをやる友人などから、一回の稼働でどのくらいの上限で稼働しているの?と聞かれることがあります。

 

 

 

これは一概には言えませんが基本的に僕は上限は決めていません。

 

 

期待値がプラスである限り、出来るだけ多く回すっていうのが勝つ為のセオリーなので、上限を決めずに投資をします。

 

 

 

といっても期待値プラス台で10万、20万とかの負けってあまり経験したことが無いのでそこまで大きく考える必要は無いと思います。

 

 

 

 

 

以前、バジリスク絆でお昼前に456が確定しました。

 

もちろんその時点でほぼ打ち切りが確定していたのですが、全くもって出ませんでした。

 

 

 

結局終わってみると、グラフは設定1のようになり、−4000枚程で終了しました。笑

 

 

 

456確定しているので、最低4だとしても期待値はプラスになるので、いくらまで使って出ないからやめようという選択肢はなかったですね。

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

投資をする以上は軍資金が必要です。

 

 

 

多ければ多いほどいいですが、もし軍資金が足りないって方は、とりあえず稼働はお金が貯まるまで控えるのが得策だと思います。

 

 

 

ある程度まとまった軍資金が出来れば、しっかりと期待値を積み重ね増やしていきましょう。