副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

設定狙い初心者がまずやるべき立ち回り

 

 

 

どーも、まろです。

 

 

 

みなさんはいざ、設定狙いをやろう!と思った時どんな立ち回りをしますか?

 

 

 

今日はそんな設定狙いを始めよう。又は全然収支が上がらないという初心者の方に向けて書いていきます。

 

 

 

 

イベントを回るべし

 

 

 

まず初心者の方にうってつけの立ち回りは、ずばりイベントを回る事だと思います。

 

 

 

イベント回りのメリットを書きます。

 

 

 

  • 高設定が存在している可能性が高い

 

これは言わずもがな通常日と比べて、イベントと言うだけあり、店側は高設定を用意してくれています。

 

 

この高設定の配分はもちろん店にもよりますが、お店の特定日を狙って立ち回るより、初心者の方はとりあえず雑誌イベントなどを狙う方がいいです。

 

 

 

  • 狙い方が明確になる

 

 

イベントの種類によって、狙い方が変わってきます。

 

これは後ほど説明しますが、イベントによって狙い方が明確になるので分かりやすいです。

 

 

 

 

 

 

たくさんの狙い方を覚えられる為、設定狙いの基礎的な部分が身につくと思います。

 

 

 

 

 

イベントの種類

 

 

 

これは挙げればキリがありませんが、雑誌のイベントでの狙い方はというと…

 

 

 

  • 前台系
  • 特定末尾
  • 並び
  • 全体的に高配分
  • 特定機種

 

 

 

などなどが主です。

 

 

 

1つずつ見ていきましょう。

 

 

 

 

全台系

 

 

 

これは機種全体が高設定になるイベントです。

店によっては、456、6、最高設定が4、1台だけ低設定もしくは中間設定。となります。

 

 

しっかりと店の配分を把握しないと駄目です。

 

 

 

 

特定末尾

 

 

これは、台番の最後の末尾が同一のものが全台高設定、もしくは高配分になります。

 

 

例えば、末尾1が当たりだった場合、101、151、241……のように最後の末尾が1の台が高設定になるというものです。

 

 

 

 

並び

 

 

 

イベント、店によって配分は変わりますが、機種関係なく○台並びで高設定というものです。

 

 

前台系と似てはいますが両隣の挙動も見ておきたいですね。

 

 

 

 

全体的に高配分

 

 

 

これは店全体的に高設定が散りばめられているものです。

メリットとしてはどの機種のどこにでもチャンスがあるということなので誰にでも高設定を打つチャンスがあります。

 

 

 

 

 

特定機種

 

 

 

これは既に高設定が入る機種があらかじめ決まっています。

 

その分その機種以外は通常と変わらない事が多いので、みんなが示唆機種を狙う為ライバルが多くなることが多いです。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

 

挙げたイベントの一つ一つで狙い方が変わってくる為、自分のスキルアップになります。

 

 

 

こういったイベントを回る事によって確実に設定狙いのスキルは上がりますし、どこかしらに高設定が存在している可能性が高い為、収支が上がりやすくもなります。

 

 

 

 

慣れてきたら、お店の特定日などで傾向を把握して、狙い台を決めイベント回りで培った立ち回りを応用するのも良いと思います。

 

 

 

 

稼げていないって方は是非雑誌イベントなどのみを狙って立ち回ってみて下さい。