副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

設定狙いで最も重要なのは設定判別では無い。状況判別だ。

 

 

 

 

どーも、まろです。

 

 

 

ブログの知識とか皆無なのでいろいろとやりたい事があるのですが、全く何からしていいのかわからずにただ、記事を書きなぐっています。

 

 

 

もっと見やすくデザインしたりとかして、たくさんの人に読んでもらいたいとは思うのですが難しいですね。勉強しながら頑張ります。

 

 

 

 

 

 

王道の高設定狙い

 

 

 

設定狙いといえばスロットを打つ上で最も王道な狙い方とも言えますね。

 

大半の方が高設定の台を狙ってスロットを打つ訳ですが、スロットで年間収支をプラスにしている人っていうのは、遊技人口に対してかなり少ないのではないかと思います。

 

 

 

パチスロは1割の人しか勝てていない。

とよく聞きます。

 

 

 

なぜこのような事が起こるのか。

 

 

 

それはシンプルで簡単ですよね。

 

 

 

高設定を打てていない。つまり

低設定ばかり打っている。

 

 

 

これで理論上長い目で見ると確実に負けます。

 

 

 

 

じゃあ設定狙いはやらない方がいいのか。というとそんな事は全くありません。

 

 

 

 

 

設定狙いのメリット

 

 

設定狙いのメリットをあげてみます。

 

 

 

  • ツモった時の見返りが大きい

 

ツモった(高設定台を打てた)時に取れる期待値が大きいので、ツモれればハイエナをするよりも断然収支が上がります。

 

 

 

現行の機種の最高機械割は約119%です。

(バジリスク絆    神々の凱旋など)

 

 

これは1日回せば理論上、期待値は約10万円は

取れると思います。

 

 

 

毎月機械割119%の1台を1日フルで回せばそれだけで月収10万円みたいなものです。

 

 

 

  • ツモれた時が嬉しい

 

 

 

これはスロッターならやはり高設定を打ちたいですよね?

 

低設定はたまに爆発する程度ですが、高設定だと出玉が増えるチャンスも多く訪れるので、打っていて楽しいです。

 

 

 

ハイエナをずっとしていて嬉しい時と言えば、高期待値のお宝台が拾えた時ぐらいです。

 

しかし、設定狙いは自分であらゆる予測をしながら狙い台を決め、判別を進め、粘った結果、設定6確定画面が出現!

 

これが最高に気持ちいいと思います。

 

 

 

 

  • 兼業で時間が取れなくても、収支が上がる

 

 

 

 

これは見返りが大きいと書きましたが、その分稼働日数、時間があまり取れない兼業さんでも少ない稼働で大きな収支が上げられると言う訳です。

 

 

 

僕もここに魅力を感じ、設定狙いを勉強し始めました。

 

 

 

 

設定狙いの考え方

 

しかし、稼げていない人が多いといのが現状ですよね。

その設定狙いにおいて最大のデメリットが…

 

 

 

期待値マイナス台を打つ。

 

 

 

これはどんなに上手い専業(プロ)でも、誰でも確実に期待値マイナスの台を打ちます。

 

 

 

毎回必ず設定6が打てたら、蔵が建ちます。笑

 

 

 

ではどのように勝つのかというと、

 

 

 

低設定を打つのを少なくして、

高設定をなるべく多く回す。

 

 

 

ずばり、これですね。

 

 

 

要は期待値マイナスは避けられないけど、なるべく少なくして、高設定に座れた時は多く回す。(高設定を打つ頻度を上げる)

 

 

 

この部分によって負けるのか、稼げたとしても収支の違いっていうのが出てきます。

 

 

 

しかし、これこそが設定狙いの勝ち方です。

 

 

 

 

 

 

長くなりましたので次回に続きます。