副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

ハイエナ稼働における前日最終ゲーム数の算出方法

 

 

 

どーも、まろです。

 

 

 

今回はハイエナを行う際のとても役立つ

前日最終ゲーム数の算出方法を教えます。

 

 

 

 

 

 

データ機器による違い

 

 

 

 

データ機器とはスロット台が置いてある真上

に設置されている、大当たり情報なとが閲覧

出来る機械の事を指します。

 

 

 

一昔前の古いデータ機器だとアナログチック

な画面で、例えると携帯の電波みたいな棒が

連なっているような物でした。

 

 

 

 

 

しかし、現在の新しいデータ機器では物に

よりますが、前日の最終ゲーム数が履歴を

辿って行くとわかるような物があります。

 

 

 

他には、

 

 

 

  • 朝一の0回転の状態の時だけ表示される

 

  • 全く最終ゲームが分からない

 

 

 

などなどが最近のホールで見られます。

 

 

 

 

しかしこれっていうのは、ハイエナをする

方にとっては、確実に表示されない形式の

データ機器のホールの方が圧倒的にハマり

台を拾えます。

 

 

 

 

 

宵越しのメリット

 

 

 

立ち回っているホールが、前日最終ゲーム数

がわからない店舗で天井が近いような大きい

ハマり以外は全台据え置きだと仮定します。

 

 

 

 

天井が1000Gの台があります。

 

 

当日ボーナスがついており、800ハマりの台。

 

 

当日ノーボーナスで300ハマり。

前日の最終ゲーム数が500ハマりの台。

 

 

 

どちらも内容的には同じです。

 

 

 

他の打ち手のお客さんがどちらの台を

先に取るかを考えると、圧倒的に前者

だと思います。

 

 

 

 

しかし、宵越しを絡める事によってこの

ようなお宝台も拾える可能性が格段と上

がるわけです。

 

 

 

 

 

 

どうやって最終ゲーム数がわかるの?

 

 

 

 

 

先程の例に挙げたような、最終ゲーム数が

わからないデータ機器の店舗ではどのよう

に把握するのか。って所が疑問になると思

いますが、ちょっとした計算で分かる場合

もあります。

 

 

 

 

まず、台の大当たり履歴を見ます。

 

 

例えば、

 

 

 

150、30、450、200…………

 

 

このような当たった履歴が見られると

思います。

 

 

 

この大当たりの履歴を全て一つずつ足して

いってください。

 

 

そして、前日の総回転数をチェックします。

 

 

 

あとは、

 

 

 

前日の総回転数➖大当たり履歴の総回転数

 

 

これをやるだけで前日の最終ゲーム数が

おおまかに計算できます。

 

 

簡単ですよね?

 

 

これを知っているのと知らないのとじゃ

かなりの違いが出てきます。

是非、計算してお宝台を拾ってください。

 

 

 

 

 

宵越しの応用

 

 

 

最後に宵越しを狙う際のちょっとした

小技を紹介します。

 

 

宵越しって内部のハマりでパッと見は

そこまでハマってるようには見えない

事が多いですよね。

 

 

 

そこを利用します。

 

 

 

例えば天井が1000回転の台があります。

 

 

 

前日最終ゲームが500回転。

 

 

当日の回転数がノーボーナスで200回転。

 

 

 

内部的には700回転ハマっています。

 

 

 

今すぐにでも打てる回転数ですよね?

 

 

 

しかし見た目上では200回転しかハマって

いません。

 

これが趣味打ちの方が仮に400回転まで

回して当たらないから辞めたらどうでしょう。

 

 

この時点でこの台のハマりは900回転です。

 

 

かなりのお宝台に化けましたね。

 

 

 

要は、期待値があるからと言ってすぐに

打ち始めるのではなく、宵越しを利用す

ることによって他に時間効率の良い台を

消化して、育つのを待つ。という工夫を

する事が大事です。

 

 

 

少しでも時間効率の良い立ち回りを意識

して立ち回ってみて下さい。