副業スロットのすすめ

会社員でありながらスロットで副収入を目指し年収アップ。

意外と知らない?スロット依存症と稼働病の違い

 

 

 

 

どーも、まろです。

 

 

今回は稼働の攻略などではなく、たまには

メンタル面の事も書いてみます。

 

 

 

 

 

スロット依存症とは?

 

 

 

 

これは、ギャンブル依存症の中のスロットに

焦点を当てた一種の病気ですね。

 

 

主な症状を挙げてみます。

 

 

  • 嘘をついてまでスロットを打つ

 

 

    友人などから誘いを受けた時、その日は

    予定があるから駄目だ。と断っておきな

    ながらスロットを打ちに行く。

  

    

  •    借金をしてまでスロットを打つ

 

 

     軍資金が無いのにも関わらず、周りから

     借金をしてまでスロットを打ちに行く。

 

 

 

 

  •   感情がいきなり爆発する

 

 

    スロットを打ちながら、熱い演出を外した

    時などに、台をパンチする人を見た事が無

    いですか?

   

    また、いらいらしてきてボタンやレバーを

    強打しながら打つ人もいます。

 

 

 

 

  •    もうスロットはやめる。と言いつつ行く

 

 

    毎回のようにスロットによる負けが重なり 

    もうスロットはやめる。と周りに宣言して

    いても、すぐにパチンコ屋に行ってしまう。

 

 

 

 

 

主な症状はこんな感じだと思います。

 

 

これは完全に病気ですよね。

 

 

 

全てに対してスロットが最優先になって

しまっています。

 

 

 

 

 

スロット稼働病とは?

 

 

 

これはあまり知らない方もいるのかも

しれません。

 

 

スロットで負けている方程、負けが膨らみ

行く度に負けるからもったいない。

 

 

となりますよね。

 

 

 

 

それに対し、ある程度稼げるようになって

きて、稼働=期待値を積む事。という風に

頭が理解してくると逆にスロットを打ちに

行かなきゃもったいない!

 

 

 

といった思考になります。

 

 

 

ここが根本的な違いになります。

 

 

 

 

そうすると結局、依存症と同じように

スロットを優先してしまう。みたいな

事にもなってしまいます。

 

 

 

依存症と稼働病って似てはいるのかも

知れませんが、そもそもの大元の思考

が異なります。

 

 

 

打つ=負け

打たない=稼げない

 

 

この違いなのかなと思います。

 

 

 

 

目的意識を持ち、稼働のあり方について

考える

 

 

 

僕がそもそもスロットで本気で稼ぎたいと

思ったのは、毎月5万円ぐらいの副収入が

入れば御の字。ぐらいな考えでした。

 

 

 

稼ぎ方を知ると、稼働を増やした分収支

が増えて行くのが楽しくて、どんなに体

が疲れていても稼働していました。

 

 

 

しかし、最近では事前に遊びの誘いが

ない場合に稼働すればいいや。ぐらい

の考え方で打ちに行っています。

 

 

 

趣味で週に2回程バスケットボールを

やっていますし、休日には月に2回程

ゴルフに行っています。

 

 

 

そのせいで最近では稼働があまり出来

なくて収支も大したことないですが。笑

 

 

 

でも僕はそのくらいのスタンスで良い

と思っています。

 

 

 

本来はスロットで遊ぶお金を稼ぎたいっ

ていうので本格的に始めたので、その、

目的を見失わない事が大切だと思います。

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

僕らはスロットの稼ぎで生活している訳

ではありません。

 

 

あくまで本業がメインであり、時には

遊ぶ事も大切です。

もちろん友人なども大切ですよね。

 

 

 

本来の目的を見失わず、空いた時間に

稼働でサラッと稼ぐっていうほうが、

スマートですし心身共に楽です。

 

 

 

そんな稼働のあり方について、ご自身で

振り返ってみてはいかがでしょうか。